リフォーム・エクステリアなど家のことでしたらお任せください。相模原・横浜・八王子・町田を中心に展開しております。
問い合わせフォーム
フェンス

エクステリアのスタイルには、大きく分けると3つのスタイルがあります。
敷地を囲わない開放的なオープンスタイルと、駐車スペースはオープンだけど他の部分は囲ってしまうセミオープンスタイル、駐車スペースも含めて、敷地の外周を全て囲ってしまうクローズスタイルの3つのスタイルです。
オープンスタイルは欧米で、セミオープンスタイルは日本の郊外でよく見られるスタイルで、クローズスタイルは日本で最も一般的なスタイルです。
フェンスは、この中でも、セミオープンスタイルやクローズスタイルには欠かせない存在となっています。

フェンスは主に、隣の家や道路との境界やプライバシーの保護、防犯などの目的で設置されます。
しかし、門扉やカーゲートなどのフェンス以外のエクステリアや庭のデザインなどとのコーディネートを考えて、フェンスのデザインを選ぶことで、まとまりのある住まいにすることができます。
フェンスにも、様々な素材やデザインがあるのです。

中でも一般的なのが、アルミ素材のフェンスです。
アルミ素材には、作り方によってアルミ形材とアルミ鋳物がありますが、そのうちのアルミ形材はシンプルなデザインで、洋風や和風など、外観を問わず合わせやすくなっています。
もう一方のアルミ鋳物のフェンスは、曲線のイメージのものが多く、繊細なデザインが人気となっています。

和風のフェンスがお好みの場合には、竹や木などの素材を使った和風のフェンスもあります。
竹垣タイプのフェンスなら、和風庭園の雰囲気を味わうことができます。
板塀タイプのフェンスは、住まいや街並みになじみやすいです。

フェンスには、この他にも様々な素材やデザインがあります。
しかし、こうした素材やデザインだけでなく、設置方法を変えることでも、住まいのイメージを変えることができます。
塀と組み合わせて設置したり、浴室やトイレなど、よりプライバシーを守りたいところには目隠し機能の強いフェンスを設置したりと、設置の仕方にも様々な方法もあるのです。

このように様々な素材やデザイン、設置方法のあるフェンスですが、設置の仕方ひとつで、住まいの印象を変えてしまうこともあります。
内側からも外側からも心地の良いフェンスの設置が理想ですが、時には、暗くて閉鎖的な印象にしてしまうこともあるのです。
そのようなことのないように、防犯や採光、風通し、視線などを考慮して、住まいの個性に合わせた空間づくりを、ご提供いたします。
アルミ形材フェンス
直線を貴重としたデザインで、洋風和風を問わずどんな外観でも合わせやすいです。
アルミ鋳物フェンス
曲線のイメージで植栽と調和するデザインが多く、個性的な門まわりを作ることができます。
その他素材のフェンス
木製フェンスや、木粉入り樹脂、スチールメッシュなどの材質のフェンスです。