リフォーム・エクステリアなど家のことでしたらお任せください。相模原・横浜・八王子・町田を中心に展開しております。
問い合わせフォーム
ウッドデッキ

第二のリビングとしても注目されているのが、ウッドデッキです。
天気の良い休日には家族で食事をしたり、お子様の遊び場にしたり、愛犬の居場所にしたり、のんびり庭をながめたりと、ご家族皆さまのくつろぎの場所とすることが可能です。

しかし、ウッドデッキの役割は、それだけではありません。
くつろぎの空間である以外にも、様々な役割を果たしてくれます。

木材を使ったウッドデッキは、タイルやコンクリートの床と比べると、照り返しが少なく、夏は暑さを和らげ、冬は温もりを伝えてくれる役割も担っています。
さらにウッドデッキに太陽が反射して室内に光を届けてくれるので、室内もより明るくなります。

ウッドデッキにはこの他にも、床下に収納スペースを作ったり、二世帯住宅などで渡り廊下として使ったりすることもできます。
ウッドデッキは、くつろぎ空間である以外にも、アイディア次第で様々な使い方が可能なのです。

ウッドデッキの素材には、大きく分けて人工木材と天然木材の2つの種類があります。
人工木材のデッキは、天然木粉に樹脂を合わせたもので、プランの自由度や耐久性が高く、中には半永久的に使えるデッキもあります。

耐久性やメンテンナンス性の面では人工木材よりも劣ることもありますが、より木の風合いを味わいたい方には、天然木材のウッドデッキもあります。
天然木材の場合には、様々な素材があって、それぞれに特徴があります。

その中でもレッドシダーは、耐久性や耐水性に優れていて、木肌も美しいのでウッドデッキの素材として人気の素材です。
またイベも耐水性や耐腐朽性に優れた素材で、耐用年数も20年から30年くらいと比較的長く、割れやささくれも少ないのですが、木目の美しい高級素材でもあります。

ウッドデッキの素材としてよく使われる木材には、この他にもアイアンウッドやヒバなどもあります。
ウッドデッキは風雨にさらされるため、ほとんど加工されない天然木材の場合には、強度や耐久性、耐水性があり、腐りにくい素材が向いています。

こうしたウッドデッキ中でも、合成樹脂で耐久性や耐水性、耐候性、防蟻性の面でメンテナンスフリーのウッドデッキはオススメです。
もちろん、アイアンウッドやイペ、レッドシダーなどの天然木での施工も、承っております。

木材を使って作られるウッドデッキなら、庭の自然をより満喫することができます。
住まいの間取りを生かしながら、敷地条件やご希望に合わせた設計をご提案いたします。
人工木材
耐久性が高くプランの自由度もあります。耐用年数は商品によっては半永久的ともいわれます。
イベ
木目が美しい高級素材で、割れ、ささくれが少なく耐用年数も20?30年あります。
その他の天然木材
レッドシダーやサイプレス、アイアンウッドなどの材木のウッドデッキです。