リフォーム・エクステリアなど家のことでしたらお任せください。相模原・横浜・八王子・町田を中心に展開しております。
問い合わせフォーム
植栽

門まわりやアプローチ、庭など住まい全体に植えられる、様々な樹木や草花のことを植栽と言いますが、四季折々の変化を楽しむことができ、生活に潤いをもたらしてくれます。
植栽は、住んでいる方だけでなく、道行く方の目も楽しませてくれるものです。

植栽とする植物には、とても様々なものがあります。
住まいやライフスタイル、目的に合わせて選ぶことが重要となります。

例えば樹木の場合には、常緑のものと落葉のものがあり、常緑のものは、紅葉を楽しむことはできませんが葉が落ちないため掃除は楽です。
落葉の樹木の場合には、秋には紅葉するなど四季の変化を楽しむことはできますが、冬には落葉してしまうため、掃除が必要で、目隠しとして使用するには向いていません。

また、植物には花を咲かせるものや実をつけるものなど、様々なものがあります。
大きさや高さ、香り、色、形なども、それぞれ異なるので、こうしたものも考慮する必要があります。

さらに重要なポイントは、植える場所に適した植物であるかです。
日差しの少ないところに日光がたっぷり必要な植物を植えたり、寒い地域に寒さの苦手な植物を植えたりとミスマッチしてしまうと、すぐに枯れてしまう原因ともなるので、植える場所の日当たりや土壌、土地の風土や気候に適した植物を選ぶことが大切です。

植栽の役割には、プライバシーを守ったり、入ってくる日差しの量を調整したりするなど、季節感を出したり、住まいを彩ったりする以外の役割もあります。
しかし、プライバシーの保護を目的とするには、ある程度高さがあって落葉しない樹木を選ぶなど、それぞれの役割に応じた植物を選ぶことも必要です。

この他に植栽選びで配慮が必要なことは、用途や場所に応じた植栽を選ぶということです。
生け垣として利用したい場合には、高さや手入れのしやすさを考慮した低木が向いていますし、シンボルツリーとして植えるには、四季の変化を感じやすい落葉樹がおすすめです。

このように植栽のプランニングでは、様々な観点から選ぶことが重要となります。
見た目の鮮やかさだけでなく、香りや形、植える用途や目的、植える場所などにも考慮する必要があるのです。

しかし、難しいように感じる植栽ですが、住まいに1本のシンボルツリーがあるだけでも、季節の移り変わりを楽しむことができます。
このようなガーデニングの打ち合わせから設計、施工まで、お客さまだけのオリジナルのガーデニング造りができるようにお手伝いいたします。
生垣
道路に面した配置が多いため、手入れや高さを考慮した低木がおすすめです。
シンボルツリー
視線を集めるシンボルツリーは、四季が感じられる落葉樹がおすすめです。
その他の場所
花壇、目隠し、テラス周りなどそれぞれの場所に適した植栽を考えます。