リフォーム・エクステリアなど家のことでしたらお任せください。相模原・横浜・八王子・町田を中心に展開しております。
問い合わせフォーム
門扉で家の印象が変わる?

住居を印象付ける大きな外観のアイテムの一つとして、門扉があります。
一般的によく目にするタイプは、両面あるいは片面開きの門扉です。
近年の門扉の主流は、引き戸タイプまたはスライド門扉と呼ばれるタイプです。
引き戸タイプは、開閉のスペースが取れない省スペースでも設置可能なのが、その人気の理由と言えます。

省スペースに設置するだけあって、その印象はシンプルですっきりとした作りになっていることが特徴です。
開閉がスムーズなので、大きな荷物を運びいれる時や何度も出入りをしなければならない時、ベビーカーを使用する時等にも大変便利です。
昔からある引き戸タイプの門扉と言うと、伸縮門扉が主流でした。
しかし、レール部分が飛び出ているので段差が出来てしまい、バリアフリーには適していない仕様なのが難点でした。
最近の伸縮門扉は、レールレスで段差がなく、車いすやベビーカーにも配慮した造りのものが登場しています。

最近の住宅デザインは、シンプルなデザインが好まれる傾向があり、門扉もそれにともなってすっきりとした印象のタイプが主流になっているようです。
プライバシーはしっかりと守りながらも、和・洋どちらの建物にもマッチするようなデザインが多いようです。
そのため、メッシュや格子がデザインされています。
色はホワイト・シルバーといった他の色との馴染みの良いものがある一方、複数の素材をコラボレーションさせた商品もあります。
木目を生かしたタイプや、ガラス・ポリカーボネートなどの透過性がある素材を生かしたデザインなども人気です。
門扉に合わせて、フェンスや表札・ドアホン・ポスト・照明等がセットで提案されていることが多いので、コーディネートがシンプルかつ容易になってきています。
こうしたコーディネートを利用すれば、統一感ある良い印象の家づくりを実現することが可能になります。