リフォーム・エクステリアなど家のことでしたらお任せください。相模原・横浜・八王子・町田を中心に展開しております。
問い合わせフォーム
エクステリアの要素って?

「インテリア」と言われてどのようなイメージがあるでしょうか。
簡単に言ってしまえば、家の中のことつまり内装を言います。
では、「エクステリア」はご存知でしょうか。
「インテリア」と文字の並びが似ているので、感の良い方はその意味を知らずとも想像に難くないかもしれません。
「エクステリア」とは、「インテリア」の対語で家の外つまり外装のことを指します。
近年家の外周りの作りのアイテムを総括して「エクステリア」と表現することが多くなりました。

それでは、具体的にエクステリアの要素を挙げていきましょう。
門扉・玄関アプローチ・車庫・塀・柵などがあります。
加えてガーデニング関連や庭の置物等もエクステリアにふくまれます。
インテリアと比べると、娯楽性や機能性に重点が置かれるケースが多いようです。
例えば、ガーデニングや庭の置物は娯楽性であり、車庫や門扉は機能性に含まれます。
しかしながら、インテリアもエクステリアも根本的な考え方は同じで、住まいを快適にするために必要な場所なのです。

エクステリアは2つに分類することができ、クローズド外構とオープン外構とがあります。
前者は、日本建築で見られる様式で、壁や塀によって閉鎖的な印象がある造りを言います。
後者は、欧米建設で見られる様式で、壁や塀・門扉の代替品として草花や樹木を植えることにより開放的な印象を与える作りです。
これにより、通行人を楽しませるだけでなく、街づくりの一環としての取り組みになっている都市もあるほどです。
近年の日本の家屋で見られるタイプは、この二つの様式を取り入れた折衷タイプでありセミクローズド外構と呼ばれています。
他国の文化の良い所と自国のオリジナルの文化を取り込むのが上手な日本ならではの発想によりつくられた、新しいエクステリアのあり方と言えます。